天門教会(プロテスタント)

アクセスカウンタ

zoom RSS 主日礼拝【イエスの名前・神の名前 A】2017年10月1日(日)10:30〜

<<   作成日時 : 2017/10/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトル【イエスの名前・神の名前 A】日曜日 10:30〜

司会 西舘あけみ

聖書 出エジプト記3章15節

奏楽・賛美奉献
 五月女淳子姉
(西荻チャペル会員)
♪もしも私が苦しまなかったら(詞 水野源三 )
♪心くじめて
音声:


(スマートフォーンの方PC版でお聞きください)


説教 貴村かたる
音声:


(スマートフォーンの方PC版でお聞きください)

礼拝讃美
聖 歌  539 (見ゆるところによらず)
聖 歌  484 (たたえよ救い主イエスを)
聖 歌  477 (いざみなきたりて)
讃美歌   56 (七日の旅路)
讃美歌  539 (あめつちこぞりて)


聖書 出エジプト記3章15節 
3:15
神はさらにモーセに仰せられた。「イスラエル人に言え。 
あなたがたの父祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、
【主】が、私をあなたがたのところに遣わされた、と言え。
これが永遠にわたしの名、これが代々にわたってわたしの呼び名である。



タイトル【 イエスの名前・神の名前 A】
 出エジプト記 3章15節


 天に神の名前を置いているように、全ての人の中に神の名前を与えています。神の名前が私達の霊魂に如何に入ってくるか、知識は理性に入っています。神の御言葉は自分の霊魂に入ります。

人の声は理性に入り、神の御言葉は霊魂に入ります。その人が語った言葉が理性であれば理性に入ります。霊魂に入りません。何故でしょう。神の言葉は霊でもって、神の口から出る言葉が霊です。

主イエスが言いました。「わたしが言うことは父なる神が、わたしに仰せになったことをわたしが、そのまま言うのであって、わたしの行いは父が、わたしに命じたまま、わたしが行ったのである」と言っています。神が御子に仰せになったことを行いで表し。そして父が言われたことを口でいわれました。

使徒言伝1章8節、聖霊を受けて力を受けて証人になりなさい!と言いました。聖霊で言わせる。私達が神を父と呼ぶことが出来るのは、神が神の御子の霊を与えて、神を父と言います(ガラテヤ3:6)。

神は私達に聖霊を与えます。

聖霊もイエスの名前でもって来ます。イエスの名前でもって遣わすと言っています。神が私達に力を与えるご自分の名前でもって与えます。私達を導いてもその名前でもって導きます。

神が私達に行う全ての働きは神の名前を超越していません。2,3人イエスの名前で集まる所に共になさいます。祈りもわたしの名前で祈ったら叶えてあげる。奉仕もわたしの名前でやりなさい。と言っています。

教会は主の名前を置いた所。主の名前を呼ぶ人々が集まる所。各々主の名前に仕えて尊重する者が信者です。

今、私達は神の名前を信じて迎え入れて神の子になっています。神の名前を信じる人、神の名前を尊重する人、その時天の覚書に記すと書いています。

だから本文でこう言っています。
神がモーセに言いました。イスラエルの人々にこう言いなさい!「イスラエル人に言え。 あなたがたの父祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、
【主】が、私をあなたがたのところに遣わされた、と言え。
これが永遠にわたしの名、これが代々にわたってわたしの呼び名である(創世記3:15)。」

永遠の名前とは創世記1章の1節のはじめと、ヨハネの1章1節のはじめとは違います。

創世記1章のはじめは万物のはじめ。

ヨハネ1章1節のはじめは、万物以前のはじめを言っています。永遠以前という意味です。永遠の名前とは、永遠以前から神と共にある名前です。神と共にある、永遠以前からある、永遠にある神の名前を人間が、代々に呼ぶ名前です。
永遠に御使いでも人間でも、神を知る者がその名前を呼ぶ呼び名です。継続して神の名を呼びなさい!と言うことです。主イエスの名前を呼ぶことが信仰です。イエスの名前を代々、覚えて仕えます。ハレルヤ!アーメン


・・・それでは、イエス様が教えてくださったように
主の祈りを祈りましょう。

主の祈り


天(てん)にますます我ら(われ)の父(ちち)よ 

願わく(ねが)は御名(みな)を崇めさせた(あが)まえ

御国(みくに)を来(き)たらせたまえ 

御心(みこころ)の天(てん)になるごとく 地(ち)にもなさせたまえ 

我ら(われ)の日用(にちよう)の糧(かて)を 今日(きょう)も与(あた)えたまえ

我(われ)らに罪(つみ)を犯(おか)す者(もの)を 我らが赦(ゆる)すごとく

我(われ)らの罪(つみ)をも赦(ゆる)したまえ 

我らを試(こころ)みにあわせず 悪(あく)より救(すく)いだしたまえ 

国(くに)と力(ちから)と栄(さかえ)とは

限(かぎ)りなく汝(なんじ)のものなればなり アーメン


† 五月女淳子師 素晴らしい歌声に惹かれました。奏楽のご奉仕有難うございました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
主日礼拝【イエスの名前・神の名前 A】2017年10月1日(日)10:30〜 天門教会(プロテスタント)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる