天門教会(プロテスタント)

アクセスカウンタ

zoom RSS 主日礼拝【良きこころ、悪いこころ】2017年10月22日(日)10:30〜12:00

<<   作成日時 : 2017/10/27 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトル【良きこころ、悪いこころ】日曜日 10:30〜

司会 西舘あけみ

聖書 マタイによる福音書13:24-30

奏楽 ヒム・プレヤー

説教 貴村かたる

音声


(スマートフォーンの方PC版でお聞きください)


礼拝讃美
聖 歌  582 (神の御子にますイエス)
聖 歌  528 (いまだ見ぬ地)
聖 歌  399 (カルバリやまの)
讃美歌   90 (ここもかみのみくに)
讃美歌   7 (主のみいつとみさかえ)
讃美歌  544 (あまつみたみも)



聖書 マタイによる福音書(口語訳聖書)

12:35
善人はよい倉から良い物を取り出し、悪人は悪い倉から悪い物を取り出す。


聖書 マタイによる福音書
   13章24〜30節(口語訳聖書) 

13:24
また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。

13:25
人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。

13:26
芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。

13:27
僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。

13:28
主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。

13:29
彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。

13:30
収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。




タイトル【 良きこころ、悪しきこころ 】
 
 イエスはガリラヤ湖畔の斜面に群がる群衆に湖上の小舟の中から話されました。

本日は、畑の毒麦のたとえから、私達の中にある霊魂を包むこころの問題をテーマにします。毒麦のたとえもイエスの解説の通り、この世には神のみ言葉を聞いて受け入れ実を結ぶ者と、悪魔の声を聞く者がいます。主は御国の子が一人でも間違って失なわれることのないように御国の子と悪魔の子がはっきりわかるようになる世の終わりまで、その裁きをのばされるということを示しています。
 
 私達には助ける天使がいます。

 私達は天使に助けを乞う者ではなくて、命じる者です。天使は救いを受けた聖徒を助けるために遣わされた存在です。私達が天使を用いないのであれば、これは働く者を雇っておきながら、働かせないのと同じです。

 天使を用いることと聖霊に頼ることはその性質が異なります。聖霊には従わなければなりませんし、天使は用いなければなりません。天使は聖霊によって用いられる霊です。それゆえ、天使は聖霊に従う者を助けます。聖霊に従うというのはキリストの御言葉に従うということを意味しますし、キリストの御言葉に従うというのは神の御心に従うということを意味します。
 
 悪魔は本来、天使として神の使いをしていた者でした。天使が自分の地位を守らないで堕落したときに、その下にいた天使たちもともに堕落しました。神は悪魔とその下に属していた天使たちを天から追い出されて、暗闇に閉じ込められました(黙12:9)。

 天使には人間と同じように人格があります。人格は知性と感性と意志という要素を含んでいます。天使も人間もこの点においては差がありません。

 しかし、天使の人格と人間の人格は存在する方式がそれぞれ異なります。
天使は「体のない人格」であり、人間は「体をもった人格」です。

 私達がこの点をよく理解するのであれば、本日の説教の天使が良いこころと悪いこころを私達の内でささやくものであることを理解するなら信仰生活に大きく役立つでしょう。
 
 多くのキリスト者が真理を持たないために、突然、堕落して変質してしまいます。これを黙認することができません。
ですから、真理を知ることによって一生涯、勝利し生きる術を学び主に栄光をささげましょう。これは主の命令です。        シャローム


・・・それでは、イエス様が教えてくださったように

主の祈りを祈りましょう。

主の祈り

天(てん)にますます我ら(われ)の父(ちち)よ 

願わく(ねが)は御名(みな)を崇めさせた(あが)まえ

御国(みくに)を来(き)たらせたまえ 

御心(みこころ)の天(てん)になるごとく 地(ち)にもなさせたまえ 

我ら(われ)の日用(にちよう)の糧(かて)を 今日(きょう)も与(あた)えたまえ

我(われ)らに罪(つみ)を犯(おか)す者(もの)を 我らが赦(ゆる)すごとく

我(われ)らの罪(つみ)をも赦(ゆる)したまえ 

我らを試(こころ)みにあわせず 悪(あく)より救(すく)いだしたまえ 

国(くに)と力(ちから)と栄(さかえ)とは

限(かぎ)りなく汝(なんじ)のものなればなり アーメン




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
主日礼拝【良きこころ、悪いこころ】2017年10月22日(日)10:30〜12:00 天門教会(プロテスタント)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる